ABCの大文字を学び始めました!

子ども達

レッスンではまず小文字から、Phonics音読みから導入していくのですが、並行して大文字の名前読みも最近始めました。

※アルファベットには名前読み(A: エィ、B: ビィ)と音読み(A: エァ、B: ブァッ)の2種類があるよ~と教えています。

 

レッスンでは木製のパズルを使用したり、小さいカードを使用したりで学びますが、問題は宿題の時。

お家にABC表ってたいていあるものでしょうか?

我が家では「あんばんマンのことば図鑑」というタッチペン式のおもちゃに付属していたポスターをはっています。

別に100均に売っているものでも良いとは思いますが、このポスターはタッチペンで触れると発音してくれるんです(*^-^*)

「これってどう読むの?」って聞くと、わからない時はタッチペンで発音を確認してから教えてくれたりするのですごく便利だなと思いました。

すっかり英語のレッスンに慣れてきたようで、7割しっかりできるようになってきました。

他の習い事だと4割とかそれ以下の集中力の時も…

そこから見るとだいぶがんばって英語をしてくれているように思います!

(本当はもっとちゃんとしてほしいけど、徐々に…ですね)

 

6月からはレッスンでBody partsを学んでいることもあり、いろんな歌を取り入れています。

体の部位が学べる歌と言うと一番代表的なのは”Head, Shoulders”かなと思いますが、他にもたくさんあります。

Super Simple Songsに収録されているものでも、”Hokey Pokey”、”The Pinocchio”、”BINGO”などなど

BINGOは色んなバージョンがありますが、Super Simple Songsに収録されているものは”B”と言う代わりに”Clap”したり、”I”と言う代わりに頭にタッチしたりと少し変わったもの。

子どもたちもノリノリでやってくれますが、普通のスピードだと速くて難しい!

レッスンでは速度を遅くして流しています。

ダンスが苦手だったり恥ずかしいなと思う子も、音楽に合わせて指示に従う感じなので参加できます。

 

Body Partsの次はFamilyに入っていくので、今からどんな歌を使おうかわくわくです♪