もうすぐクリスマス!
もうクリスマス!という驚きを隠しきれません。
フィンランドにあるサンタクロース村に一度は行ってみたいものです。
サンタクロースといえば5歳になる息子が、ツリーがあるところにしか来てくれないだとか、煙突がないから窓を開けておかないとだとか、どこからか様々な知識を得てきています。
この知識は全国的にほとんどの子供たちに浸透しているんですから、これはすごいことです。

さて、今年も教室内にクリスマスツリーを置きました。
飾りつけはレッスンに来てくれている子供たちに少しずつ頼んでいます。
豪華なツリーになるのをお楽しみに!

クリスマスツリー2020

12月16日に開催されたLESSONS Christmas Party 2018の様子です。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

クリスマスリース

クリスマスといえば、Merry Christmas!って声かけしますよね?

現在欧米では、宗教の違いなどからMerry Christmas! と言わないようになっていっているそうです。

元々Christmasはジーザス・クライストの誕生日を祝うキリスト教色が大変濃い日です。

外国では日本と違い宗教が大変重要視されるので、Merry Christmas!って言われてよく思わない人がいる事を知っておきましょう。

Merry Christmas! にかわって、Happy Holidays! が日本で浸透する日も近いかもしれませんね。

先日、サツマイモの弦を使ってクリスマスリースを製作しました。

その時はまだ弦が緑色のままで、リースのように茶色にはなっていませんでした。

 

それから日干しすること十数日…

しっかり茶色のリースになってくれました!

クリスマスリース

(相変わらず写真の見た目がよくありません)

 

週末のクリスマスイベントに無事間に合いました。

ところで、本当のクリスマスリースは何でできているのでしょうね?

気温が20度を下回ると一気に肌寒くなりますね。
外は白みがかった冬の色になってきました。

ところで先日の日曜日、第一回目のLESSONS Field Trip in Nara Parkが開催されました。
暖かな陽射しで、奈良公園にも多数の外国人観光客が訪れており、絶好のField Trip日和。
また後日ブログで当日の模様を取り上げますので、しばらくお待ち下さい。

 

さて、少し遅いのかもしれませんが、先日サツマイモの収穫をしました。

サツマイモの葉

サツマイモは大量の葉と弦(茎)が特徴ですが、この弦がクリスマスリースに使えるという話を聞きまして、早速作ってみました。

サツマイモリース

年末のクリスマスイベントに使えるといいなあと考えながら、たくさんの弦リースの出来上がり。
ここから乾燥させると茶色に変色してリースになるらしいのですが、さあどうなるでしょうか。

新年になってしまいましたが、昨年の12月17日(土)に開催したクリスマスパーティの動画を公開いたしました。

今回のクリスマスパーティは畝傍地区公民館をお借りしての開催です。

大興奮!バルーン大量のバルーンゲームや、クリスマスツリー作り、風船割りプレゼント交換など、色々なアクティビティをみんなで楽しみました。

 

 

2017年もみんなのイベント参加、お待ちしてます!

12月19日(土)に開催したクリスマスパーティの様子です。

クリスマスクラフトやアクティビティ、最後はプレゼント交換をしました♪

 

 

それでは、来年も良いお年を!