ゆっくり英語ではわからない

LESSONS英語の特徴として、レッスン中はナチュラルスピード、講師は速い英語を話します。

初めは聞き取るのがやっとですが、だんだん慣れてListening力が向上します。

 

ナチュラルスピードの英語では、音がつながる、消えるという日本語にはない現象がおこります。

例えば、

“I like English, but I’m not good at it.”

「英語は好きですが、得意ではありません。」

be good at = 得意

be not good at = 苦手

という表現です。

日本語だと一音一音をしっかり発音するので、カタカナ表記だと”good at it” は”グッド アット イット”となりますが、英語だと”グダッティット”って感じで”goodatit”全部がギュッとつながった感じで発音されます。

また、

“I want to be a teacher.”

「私は先生になりたいです。」

want to be ~ = ~になりたい

という表現では

“want to” “ウォント トゥー” という感じではなく、”ウォントゥー”と発音されます。

英語には、同じ音が2つ重なる時は音は1つ発音すればよいと言うルールがあります。

want の t と to の t は同じ音なので発音するときは1回でOKなんです。

 

意味を理解するだけでなく、音の変化も理解することで即戦力のListening力を身に着けられ、発音の向上にも役立ちますよ。

 

LESSONSでは随時無料体験を受付しております。

お電話、もしくは「お問い合わせ」よりお気軽にお問い合わせください。

様々な仕組み